地球写真家 石井友規 
監 督 作 品
TOKIITO_rogoW.png
4K
ドキュメンタリー映画
神々へ捧げる二つの織物の物語

​あらすじ

失われつつある「⿇」と「絹」の伝統技術

そして⼤嘗祭から垣間⾒るアニミズム⽇本の姿

 

 新しく即位した天皇は、「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」そして「即位礼正殿の儀」を経て、秋に「⼤嘗祭(だいじょうさい)」を執り⾏います。 

この映画は、その⼤嘗祭に奉る織物である【麁服(アラタエ)】と【繪服(ニギタエ)】にまつわる物語です。   

「アラタエ」は⿇織物。「ニギタエ」は絹織物であり、前者は徳島県から。後者は愛知県より、代々宮内庁からの依頼にて調進されています。なぜ⿇と絹なのか。なぜこの⼆つの⼟地からなのか。それらの謎を解きほぐしながら現代までの姿を辿り、伝統を受け継ぐ⼈々へ光を当て、スクリーンへ映し出します。

監督メッセージ

人々はあらゆるものに命があることを知っていた。

そして人々はそれが神さまであることも知っていた。 

たとえそれが目に見えないものだとしても、生かされていることに手を合わせ感謝した。 

それははるか昔より脈々と受け継がれ、今もなお私たちの心の中に息づいている。 


 

 今、私たちはとても大切なものを失う危機に直面していると、この取材を通して実感しました。もしそれを失ってしまうと一体どうなってしまうのでしょうか。その兆しは少しずつこの社会で表れてきています。地球温暖化に海洋プラスチックをはじめとする環境問題、⾷品問題、そして⼈権問題などなど。これらは氷山の一角です。

けれど取材を進める内に、その解決の“ヒント”も⾒つけることができました。近代⽂明の歪みはもう限界に近づいています。科学の進化、経済の発展は大切なことです。この映画製作もその恩恵を受けて出来上がりました。しかし、人として絶対に忘れてはいけないこと、失ってはならないものがあります。今ならまだ間に合います。ここで食い止めるためにも、その想いを映画に込め、次世代高精細映像技術「4K」でお届けします。

 

【 最 新 情 報 】

2021/6/19   上映会情報を更新しました
 

自主上映会開催募集

様々なところから感じる⽇本⼈の源泉。
それを伝えるためにも上映して下さる同志を探しています。
取材を進める内に、海洋プラスチック等の環境問題、⾷品問題、⼈権問題など現代社会を取
り巻く様々な問題の“解決につながるかもしれない⽷⼝”を⾒つけることができました。近代
⽂明の歪みはもう限界に近づいています。全ての⼈が全ての命に優しくなり、そして思いや
りと敬う⼼が育めば素晴らしい世の中になります。この映画はその⼀部を映し出しています。
とにかく⽇本に限らず世界中にてこの映画を通し、
それがきっかけで⼼が豊かになり、
そしてより良い社会に繋がることがこの映画の⽬標です。
 
 
お問い合わせ
送信ありがとうございました。

お電話・ファックスにてご希望のかたは、メッセージ欄にお電話番号とメッセージををご記入ください。

こちらよりご連絡を差し上げます。

時の絲ぐるま製作委員会​